Month: 10月 2016

日本語は奥が深いよ。その分おかしいけれど端は長いよ

日本語は奥が深い。
どうにもにむつかしい。
とくに、どこで平がなにして、どこで漢字を使うかは、
読みやすい日本語を書く上で非常に糸口です。
ひじょうに糸口です。
『数学レター礼節』という読み物で、副詞はひところがなにすると習った。
とくに、とか、それほど、とか、そういう表現です。
形容詞は漢字でも良いが、副詞はひところがなにする。
こういう原則を続けるだけで、ずいぶんと日本語が綺麗になった気がする。
ずいぶんと、などもひらがなです。
でも、きれいな日本語が書き込めるようになるには、名詞などの品詞を意識することが
全く重要だと感じた。
それは名詞か?形容詞か?副詞か?人称エースか?
などの品詞を意識して、じぶん原則をつくるため、綺麗な日本語に達する。
よくないレターのパターンとして、福井は、など、日本は、などの人称エースを使って仕舞うことだ。
正確には、福井県内お客は、邦人は、などの人称エースを扱うことが重要です。
こういったことは、どうしても教えてもらえない。
じぶんで学んで行くしか無い。
己という発言も、ひところがなに開いたほうが綺麗に感じる場合もある。脱毛ラボ 予約

床掃除は筋トレのためではなく大地のエネルギーをもらうためにする

健康に関するニュース記事を読みました。
それによると、最近、疲れがとれないと思った時は床掃除をするのがお勧めとありました。
これは、床掃除をして、筋トレをするのだなあと私はすぐにピンときました。
というのも私はながら筋トレをいつもしています。
歯磨きをしながら、横に足を上げる筋トレ、掃除機をかけながら、足のランジなど普段から、やっています。
しかし、ニュース記事は私の予想に反するものでした。
床掃除を怠っていると、そこに住む人間の生きる力が弱くなるのだそうです。
風水の観点からのアドバイスでした。
それから、太陽が当たらない家も人は弱ってしまうのだそうです。
我が家は幸運にも日当たりのよい家なので、太陽の方は心配ありません。
しかし、床掃除となると、子供のカバンがフロアーに置いてあったり、飼い犬の毛がカーペットについていたりと、いつでもピカピカというわけではありません。
反省して、毎日、床掃除を徹底したいと思いました。
床をきれいにすることで大地からのパワーがもらえるとのことなので、頑張って、大地のエネルギーを家族に注ぎこもうと思います。もろみ黒酢