風の音などについて探究しました。低緯度と高緯度の気温間隔を解消しようと講じる大気のエクササイズを練り上げる時、何より単純なものは極で下降し赤道で上昇する対流エクササイズだ。18世紀に英国のハドレーは低緯度に吹く貿易風の音をこういうモテルで批判しました。しかし、実際には赤道で上昇して高緯度に通う大気も、極で下降して低緯度に通う大気も、共に転向出力によってその針路を曲げられてしまうため、単純な対流エクササイズにはなりません。赤道で上昇した大気は高緯度へ向かいますが、転向出力によって西風となり、緯度20°〜30°で下降して高圧帯(亜熱帯高圧帯)をつくります。亜熱帯高圧帯からは赤道に向かって貿易風の音が、高緯度に向かって偏西風が吹き出します。こういう対流エクササイズをハドレー連鎖とよびます。南半球のインサイド緯度は、高度約12km、気圧200hPaの範疇を浮遊する気球の軌跡だ。中緯度のこういう高さには約10日間で一周やる硬い西風が南北に波打ちながら吹いていることがわかります。ほんとに勉強になりました。http://www.maritimeemployment.co/